SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. かりる>
  3. 住宅ローン>
  4. 住宅ローン入門

戻る住宅ローン入門

住宅購入計画と住宅ローン

[必要な自己資金と返済額の目安について]

マイホームを購入する際に必ず考えなければならないのが、購入資金計画です。
どのくらいの頭金を準備する必要があるのか、住宅ローンはどのくらい借りられるのか、何よりも無理のない計画を立てることが大切です。

[2割以上の頭金が安全な資金計画の基本]

マイホーム購入資金といえば、まずは頭金(自己資金)です。一般的にマイホーム購入の頭金の目安は、購入価格(総額)の2割程度だといわれています。通常、住宅ローンは購入価格や建築費の8割までというケースが多いため、2割程度といわれますが、実際には購入費用のほかに諸費用もかかりますので、購入予算の2割以上の頭金を準備しておくと安全な資金計画といえます。
なお、「仙台銀行住宅ローン」は、購入金額全額でのご融資が可能な場合もありますので、頭金が不足していてもまずはご相談ください。

借換まめ知識

[住宅ローンの借換え]

「金利差1%以上、借入残高1,000万円以上、返済期間10年以上」であれば、借換えを検討する価値があると言われています。
住宅ローンの借換えを検討されている方に、どのようなメリットがあるのか簡単にご説明します。

[住宅ローン借換えのメリット]

ローン金利水準が現在よりも高い時代に住宅ローンを組まれた方や当初優遇期間が終了し金利が大幅に高くなる可能性のある方は、現在の金利のもとで見直しを行い、借換えを実施すれば、返済額を減らすことができる可能性があります。

購入諸費用と住宅ローン必要書類

[住宅購入諸費用について]

マイホーム購入といえば、必ず誰もがチェックするのが購入価格ですが、物件の購入価格のほかに、さまざまな費用が必要になってくることをご存じでしたか?
具体的にどんな費用がかかるのかご説明します。

●諸費用はどのくらい?

マイホーム購入の際、購入費用・建築費用の他に、税金や各種手数料などが必要になります。その総額は、新築住宅の場合で価格の3~5%、中古住宅では6~8%といわれています。さらに、新しい家に移転するということになれば、引越し代のほか、カーテンやエアコン、照明器具などの購入費用も必要になります。こうした諸費用を計算して購入の予算計画を立てる必要があります。

●主な諸費用

印紙税 売買契約書、建築請負契約書、ローン契約書に必要な印紙代
融資保証料 保証人を立てるかわりに保証会社などを利用する場合の費用
司法書士報酬 登記手続きをする際の司法書士への報酬
登記料 登記の際にかかる税金。
不動産取得税 土地、建物を取得した際の地方税。
融資関係手数料 金融機関への融資事務手数料。各金融機関で必要になります
火災・地震保険料 建物にかける火災・地震保険料
不動産仲介手数料 不動産仲介会社を利用する場合の手数料
引越費用 引越しの費用
水道加入金 建売住宅の購入時にかかる場合が多い費用
その他購入費 耐久消費財購入費、生活関連用品などの購入費など

[住宅ローン必要書類について]

住宅ローンをお申込みいただく際にご用意いただく主な書類については、こちらをご覧ください。
なお、お申込み内容によって必要書類等が異なりますので、事前にお申込み窓口にご確認ください。

(平成28年10月1日現在)