SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. ためる・ふやす>
  3. 投資信託>
  4. 投資信託の主なリスク

戻る投資信託の主なリスク

金利変動リスク

金利変動により保有する資産の価格が下落するリスクをいいます。金利水準が上昇(低下)した場合には、一般的に債券価格は下落(上昇)し、ファンドの基準価額の変動要因となります。

為替変動リスク

為替変動リスク概念図為替変動により外貨建資産の円換算価値が下落するリスクをいいます。投資している国の通貨が円に対して強く(円安に)なればファンドの基準価額の上昇要因となり、弱く(円高に)なればファンドの基準価額の下落要因となります。

信用リスク

債券等を発行する国や企業が、財政難・経営不振・その他の理由により、利息や償還金を予め決められた条件で支払うことができなくなるリスクをいいます。

流動性リスク

債券等を売却あるいは購入しようとする際に、買い需要がなく売却不能、あるいは売り供給がなく購入不可能となるリスクをいいます。

カントリーリスク

カントリーリスク投資先の国の政治・経済・社会情勢の混乱などによって、投資資金の回収が困難となり、その影響によって価格が変動し損失が発生する可能性があります。

株価変動リスク

国内外の景気や経済、社会情勢の変化、投資先の企業の業績により株価が上昇したり下落したりする可能性があります。

指数との乖離リスク

主として配当金や信託報酬の費用負担、組入銘柄の選定に伴う影響などにより、基準価額と指数(日経平均株価等)の動きが乖離するリスクをいいます。

不動産投資信託証券の価格変動リスク

不動産投資信託証券の市場価格が下落するリスクをいいます。経済、不動産市況、金利など様々な要因により投資信託が組み入れている不動産投資信託(リート)の価格が下落した場合に、基準価額が下落する可能性があります。

投資対象国における税制変更に関するリスク

投資対象国の税制変更および新たな税制の適用などが生じた場合、基準価額に影響を与える可能性があります。

特定分野投資のリスク

金利および経済動向、法制度などの市場環境が、特定分野(特定業種、特定規模の時価総額の銘柄等)に対して著しい影響を及ぼすことがあります。

資産配分リスク

複数資産への投資(資産配分)を行った場合で、投資成果の悪い資産への配分が大きかったために投資全体の成果も悪くなってしまうリスクをいいます。配分比率が高い資産の価値が下落した場合や、複数資産の価値が同時に下落した場合には、ファンドの基準価額がより大きく下落する可能性があります。
投資対象とする投資信託証券が行なう有価証券の貸付等において、取引先リスク(取引の相手方の倒産等により契約が不履行になる危険のこと)が生じる可能性があります。

MLPの価格変動リスク

MLPの価格は当該事業を取巻く環境・市況の変化ならびに金利変動等の影響を受け、また業績悪化等により、基準価額が下落する可能性があります。また、MLPに関する法制度(税制等)の変更により収益性が低下する場合、MLPの価格が下落することおよび分配金が減少することがあります。

(平成28年10月1日現在)