SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 営業店レター>
  3. 古川支店

仙台銀行は「ふるさと宮城」の復興に向けて、皆さまとともに歩んでまいります。

戻る営業店レター

仙台銀行のある街

宮城県大崎市

宮城県大崎市は、平成18年3月に旧古川市を含む1市6町が合併して誕生した市で、宮城県の北西部に位置しています。夏は三本木地域のひまわり、秋は古川地域の羽黒山公園の彼岸花など、四季折々で色鮮やかな花々を楽しむことができる自然あふれる地域です。

当支店がある大崎市古川は、東北新幹線の古川駅がある市の中心的地域で、「ササニシキ」や「ひとめぼれ」が誕生した全国有数の米どころとして有名です。

東日本大震災から2年半、当支店では地元金融機関として、地域の事業者さまへの円滑な資金供給や個人のお客さまの住宅再建のお手伝いなど、これからますます本格化する復興ニーズに対応するべく、職員一同力を合わせて、頑張っております。

今後も身近な金融機関として、地域の皆さまのお役に立てるよう、職員一同努力をしてまいります。皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

仙台銀行古川支店長 今野 典男

古川支店

住所:〒989-6163 宮城県大崎市古川台町4-38
電話番号:0229-22-2020

私たちがお待ちしております。

私たちがお待ちしております。
お気軽にご来店ください。


私の街の頑張る会社

リオーネふるかわ

「リオーネふるかわ」は、大崎市古川の中心市街地の活性化を図り、魅力ある街づくりをしようと、地域の住民が意見を出し合い築き上げた大型商業施設で、平成18年3月にオープンしました。

本施設は、映画館「シネマリオーネ古川」を集客の中心とする設計計画のもと、現在は、映画館のほかに、地元食材が並ぶスーパー「大崎体感食楽市場」や飲食店、音楽教室などの店舗が営業しています。

「大崎体感食楽市場」では、地元商店街のシャッター化が進み、街なかで生鮮品がなかなか買えないという地域住民の声を受けて、地元の新鮮な野菜や山菜などの食材を販売し、買い物客で賑わいます。

施設の運営会社であるアクアライト台町の千葉社長は、「地域の協力により実現した街づくりの一環であり、社会貢献として体制を作りながら、多くのお客さまに様々な商品を提供していきたい」と語ります。

地元商店街と連携を図りながら、地元を盛り上げている「リオーネふるかわ」へ、皆さまもぜひお越しください。

リオーネふるかわ
(管理会社:株式会社アクアライト台町)

住所:〒989-6163 宮城県大崎市古川台町9-20
電話番号:0229-21-1211
http://www.xpress.ne.jp/~rione/(外部リンク)

「大崎体感食楽市場」

大崎市の地場産品が揃う
「大崎体感食楽市場」


道の駅三本木「やまなみ」

道の駅三本木「やまなみ」は、平成13年4月に国道4号線三本木バイパス沿いの鳴瀬側の南側にオープンし、株式会社大崎市三本木振興公社が管理・運営しています。

施設には、産直コーナーがあり、地元の農家が毎日届ける新鮮な朝採り野菜や地場産品などを販売しています。

三本木は「ひまわり」が有名で、特設コーナーには、ひまわりを加工したスイーツやハンドクリーム、油など、様々な製品が販売されており、お土産として好評です。

また、敷地内には、かつて三本木亜炭で栄えていた歴史を後世に伝える「亜炭記念館」があり、昭和30年代まで盛んだった亜炭採掘について紹介しています。施設では、資料展示のほか、坑道の模型や人形を使った亜炭採掘の再現など、当時の様子を分かりやすく説明しています。記念館の入口には、当時使われていたダイハツのオート三輪車が展示され、ここでしか見ることのできない10トンの炭塊も観ることができます。

ドライブでお近くにお越しの際には、三本木の特産品と歴史を堪能できる道の駅三本木「やまなみ」に、ぜひお立ち寄りください。

道の駅三本木「やまなみ」
(管理運営:株式会社大崎市三本木振興公社)

住所:〒989-6321 宮城県大崎市三本木字大豆坂63-13
電話番号:0229-52-6232
営業時間:
販売コーナー9:00~18:00
レストラン 9:00~17:30
軽食コーナー9:00~17:30

亜炭記念館

営業時間:9:00~17:00
http://www.sanbongi.jp/(外部リンク)

「ひまわりプリン(1日限定6個)」

亜炭記念館入口の「オート三輪車」

写真上)「ひまわりプリン(1日限定6個)」
写真下)亜炭記念館入口の「オート三輪車」


街の行事

古川まつり

古川まつりは、昭和22年から開催されている古川地域最大の夏まつりで、毎年8月3日・4日に開催されます。

まつり前日には、花火大会が開催され、たくさんの花火が夏の夜空を彩り、観客を大いに魅了します。

まつり当日は、商店街の大通りに飾られた約100基の美しい七夕の吹き流しの中を、威勢のいいかけ声とともに神輿行列やふるかわ踊り、ふるかわ太鼓が練り歩きます。

また、特設ステージ「おまつり復興広場」では、住民によるダンスショーなどの様々なイベントが開催され、まつりを一層盛り上げます。

大崎市古川は、東京都台東区と姉妹都市ということもあり、「上野浅草まつり」も同時に開催され、県内外からたくさんの見物客が訪れます。

当行も、地域の皆さまと共に商店街に七夕の吹き流しを飾り、まつりを一緒に盛り上げています。

ぜひ、皆さまも夏の思い出に古川最大の夏まつり「古川まつり」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

古川まつり

会場:大崎市古川地域中心商店街
開催時期:毎年8月3日~4日

古川まつり1

古川まつり2

天気にも恵まれ、たくさんの人で賑わいました。



(平成25年12月27日現在)