SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 営業店レター>
  3. 岩沼支店

仙台銀行は「ふるさと宮城」の復興に向けて、皆さまとともに歩んでまいります。

戻る営業店レター

仙台銀行のある街

宮城県岩沼市

宮城県岩沼市は、仙台市から南へ約18km、太平洋に注ぐ阿武隈川の流れに沿う、歴史と文化に育まれた田園工業都市です。また、国道4号と6号の合流点で、東北最大の国際空港・仙台空港が所在するなど、交通至便な地域でもあります。

東日本大震災では、津波により海岸沿いの集落が壊滅的な被害を受けました。浸水地域は市面積の48%に達し、東部地区の多くの住宅や農地、工業団地などが浸水しました。

このような甚大な被害を受けた岩沼市ですが、防災集団移転が平成24年4月に全国で初めて許可され、8月には第1号となる集団移転団地造成工事に着手するなど、目に見える形で着実に復興が進んでおります。

当支店でも、復興支援専門部署である地元企業応援部の分室を併設し、地域の皆さまとともに職員一同、知恵と汗を出し合いながら、地元金融機関として全力で復旧・復興支援に取り組んでおります。

仙台銀行岩沼支店長 三浦忠臣

岩沼支店

住所:宮城県岩沼市中央1-5-18
電話番号:0223-22-2185

集合写真

お気軽にご来店ください


私の街の頑張る会社

共和アルミニウム工業株式会社

昭和63年創業の共和アルミニウム工業は、アルミニウム製品の品質安定・向上をモットーに、アルミニウム部品に機能性と装飾性に富んだカラーアルマイト(表面加工)処理をする会社です。

震災発生時、高さ約5mの津波に襲われ、機械や設備等があった1階生産ラインは壊滅状態となりました。しかし、従業員はすでに帰宅させていたことが功を奏して、幸いにも人的被害はありませんでした。

当社の復興への決意は熱く、手探り状態であったものの、事業再開へ踏み出そうと津波被害にあった機械装置や建物の片付け作業を行うとともに、県外に処理ラインを借りるなどして生産を開始。平成23年9月に手動アルマイト処理ラインを、平成24年1月に全自動アルマイト処理ラインを再稼働させるなど、製造ラインも着実に回復しました。

井上社長は、宮城の復旧・復興のため、社員一丸となり、今後もアルミニウムを活かした新しいことに挑戦していきたいと熱く語ります。

アルミ材以外のご相談も受付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

共和アルミニウム工業株式会社

住所:宮城県岩沼市早股字前川1-20
電話番号:0223-22-0012
http://www.kyowa-aluminum.co.jp/(外部リンク)

震災直後のようす

共和アルミニウム工業の皆さん

写真上)震災直後のようす
写真下)懸命に前に進もうとする
共和アルミニウム工業の皆さん


仙台バス株式会社

仙台バスは、地元宮城にゆかりのある「伊達政宗公」と伊達家家紋に使用される「竹」と「雀」の絵柄を用いたバス車体で有名な観光バス会社です。

震災では、本社が津波で襲われ、所有する多くのバスが流出するなど甚大な被害を受けました。電車などの交通機関が断たれ、被災地が混乱するなか、当社は燃料を調達しながら、被災者の足になろうと代行運送などを行いました。

発生当時、バスにはお客さまが乗車しておりましたが、幸いにも難を逃れ、全てのお客さまを安全かつ無事にお送りすることができました。社員も適切な避難行動により人的被害は1人もなく、「貸切バス事業」の最も重要な経営基盤である「人財」資源が残ったということで、日頃からの社員教育や危機管理能力により被害を最小限に抑えることができました。

今後は、この「人財」資源をさらに磨き上げ、顧客満足を充実させながら、「復旧から発展」を目指して今まで以上の健全経営の確立と安全運行の維持に努めていくと、猪股社長は語ります。

宮城・東北の復興のため、観光産業の活性化のため、宮城の四季折々を感じることができるバスツアーを企画しております。ホームページで申し込むことができますので、春めくこれからの季節、色々な地域に訪れ、その地域ならではの魅力を堪能してみてはいかがですか。

仙台バス株式会社

住所:宮城県岩沼市空港南4-1-7
電話番号:0223-23-4731
http://www.senbus.co.jp/(外部リンク)

震災直後のようす

観光旅行や研修、送迎などさまざまなシーンで利用することができます

写真上)震災直後のようす
写真下)観光旅行や研修、送迎など
さまざまなシーンで
利用することができます


株式会社仙台丸福水産

仙台丸福水産は、世界中で獲れる水産物を誰もがおいしく気軽に食せるように加工販売する食品加工業者です。サーモン、マグロ、クジラなど20魚種、約100種類の商品を取り扱っており、全国のスーパーで購入することができます。

震災の津波で、事務所や工場、機械が被災し、廃業を考えるほど深刻な状況に陥りました。しかし、周囲の励ましや温かい声援もあり、3ヵ月後に事業を再開。現在では、震災前の半分程度まで復旧が進み、今まで以上にお客さまから愛される商品を提供しようと日々製造に励んでおります。

当社の食品にかける想いは1つ1つの商品に現れ、水産庁が推奨する「ファストフィッシュ」※では「お弁当用お魚骨とりサーモンの塩こうじ漬け」や「骨とりマグロハラミのバター醤油」が選定されるなど、当社独自の味付けと気軽さが高く評価されております。

旬の魚を自慢の粕やみそで漬けた「がんこ職人セット」は美味でおすすめです。是非ご賞味ください。

※ファストフィッシュとは、手軽・気軽においしく水産物を食べること、また、可能にする商品や食べ方のことで、水産物の消費拡大を目指す水産庁「魚の国のしあわせ」プロジェクトの1つ。

株式会社仙台丸福水産

住所:宮城県岩沼市下野郷字東長沼4-1
電話番号:0223-24-6041

住民の声を活かした石巻の街並み、景観づくりに取り組む街なか創生協議会

住民の声を活かした石巻の街並み、景観づくりに取り組む街なか創生協議会

震災に負けず美味しい商品を
皆さまの食卓へ提供したいと
頑張る仙台丸福水産


おすすめスポット

竹駒神社

日本三稲荷の1つ竹駒神社は、産業開発、五穀豊穣、商売繁昌、海上安全、安産、厄除開運、諸願成就の御神徳があると知られ、例年160万人の参詣者でにぎわう宮城県内有数の神社です。

842年に小倉百人一首で有名な参議小野篁(おののたかむら)が陸奥守として多賀城に赴任した際、奥州鎮護を祈願して創建し、藩政期には伊達家歴代から手厚い庇護を受けました。

毎年、旧暦2月の初午の日から7日間にわたり「初午大祭」が開催され、今年は3月17日から23日に行われました。市指定無形民俗文化財「竹駒奴」の奴振りや稚児・神輿・騎馬武者による華麗な大名行列で、大祭は大変にぎわいました。

  
竹駒神社

住所:宮城県岩沼市稲荷町1-1
電話番号:0223-22-2101

 

竹駒神社

竹駒神社



レポート:高橋京平(平成25年3月29日現在)