1.創業の経緯

当行は昭和26年7月に宮城県が資本金の4割を出資することによって誕生した銀行です。
創業の経緯は、宮城県の中小企業を支援・育成することを目的として、当時の地方自治体(宮城県、仙台市など)と地元の経済界の方々の地域経済の振興にかける強い思いから銀行がつくられたものです。
仙台銀行は生まれながらにして、宮城県の経済と地域の人々に貢献することを使命としている銀行です。

2.経営方針

仙台銀行の行是(経営方針)は「信を万事の本と為す」です。
銀行業は信頼を基盤として成り立つ事業であり、全ての基本は信頼にあるという所にこの行是は由来しています。当行は、お客さま、地域社会、株主、従業員、このようなステークホルダーとの信頼関係を大事にして業務運営を行っています。
信頼と信用をベースに、きらやか銀行とのコラボレーションで「本業支援」を積極的に展開し、「地域から最も信頼され、最も貢献する銀行」を目指しています。

3.求める人材

仙台銀行の財産は色々ありますが、最大の財産は人材であると思っています。銀行は単なる金融業ではなく金融サービス業です。様々な金融サービスを担う人を大事にして育成し、「人で勝負する銀行」を目指しています。当行には、学閥も派閥も全くありません。学歴、性別等に関係なく、やる気と能力のある人にはどんどん活躍の場を与えるというのが仙台銀行の企業風土です。
意欲に溢れ、課題や困難に積極的にチャレンジし克服して行ける人材を求めています。