仙台銀行の研修方針

 当行では、「人で勝負する銀行」の実現に向けて人材育成に力を入れています。各種研修を通じて、職員に必要な業務知識や技能等の修得、法令順守に対する意識醸成を図り、専門性と倫理性を備えた職業人育成に取り組んでいます。

 研修を実施するにあたり「研修の受講⇒意識改革⇒行動」のサイクルを掲げ、研修成果を実践に活かすことでお客さまとの信頼関係をより深め、お客さまに喜んでいただける金融サービスをご提案することが大切であると考えています。

カリキュラム

~ 新卒入行者の場合 ~

 入行に際して新入行員研修を行います。新入行員研修をとおして社会人としてのマナーや銀行業務の基礎知識を学習したうえで各職場に配属となります。入行後1年間はジョブローテーションを行い銀行業務を修得するほか、職場の先輩が新入行員指導員として、温かく、時には厳しく指導しています。
 また、集合研修では融資研修や預かり資産(投資信託、国債や生命保険など資産運用商品)研修を実施します。2年目以降になると渉外業務を担当する機会も増えますので、お客さまから様々なご相談を受ける際にご満足いただける提案力を向上させていきます。

~ キャリアプランを支援 ~

 キャリアを積み上げていくごとに研修を段階的に実施し、職員のキャリアプランをトータル的に支援していきます。このほか、お客さまに「より一層喜んでいただける金融サービスを提供したい」という強い気持ちを持ち自己研鑽に励む職員を応援するため、ファイナンシャル・プランニング技能士や中小企業診断士をはじめとした各種国家資格の取得を支援しています。

FA 制度

当行では、社内FA制度を導入しています。この制度は、営業実績や在籍年数等の一定条件を満たす職員に対して、職務及び勤務地の希望を申請する機会を与えています。

これは自分自身でキャリアを開発していきたい職員を積極的に支援することが目的であり、職員の一層の意欲向上と能力発揮、さらには、企業風土の活性化を目指すものです。