ふるさと宮城へ想いをよせて「じもと」と共に…

教育制度

仙台銀行の研修方針

当行では、「人で勝負する銀行」の実現に向けて人材育成に力を入れています。各種研修を通じて、職員に必要な業務知識や技能等の修得、法令順守に対する意識醸成を図り、専門性と倫理性を備えた職業人育成に取り組んでいます。

研修を実施するにあたり「研修の受講⇒意識改革⇒行動」のサイクルを掲げ、研修成果を実践に活かすことでお客さまとの信頼関係をより深め、お客さまに喜んでいただける金融サービスをご提案することが大切であると考えています。

行内キャリアカレッジ

FPスクール
FP1級有資格者の職員が講師となり、FP1級取得を目指した自主勉強会です。テキスト代は銀行が補助し、合格の際には褒賞金が支給されます。
中小企業診断士支援
中小企業診断士の受験を希望する職員に対し、通信講座・受験料を3年間、銀行が負担し支援します。
一次試験合格者に対して、中小企業大学校への派遣等の支援策を検討します。
土曜セミナー
証券外務員試験や銀行業務検定試験(法務、財務、税務等)、簿記検定試験等、入行後取得が必須となる科目について職員が講師となったり、外部講師を招き行う自主勉強会です。試験に合格すれば、受験料と併せて受講料・テキスト代を銀行が補助します。

研修体系

ゼロから始める融資研修
融資経験がない職員(女性職員も含む)を対象に決算書の見方から資金ニーズの捉え方など融資の基本的な考え方を学び、最終的には一人で融資稟議書が作成できるレベルを目指す研修です。
若手融資道場
現場で活躍している中堅職員が講師となり、実際の融資案件を用いてお客さまとの話法や交渉術だけでなく、代表者面談⇒支店長報告⇒案件組成⇒申込みの一連の流れをロールプレイング形式で学ぶ実践的な研修です。実際に先輩職員と新規同行訪問OJTを実施する場合もあります。
本業・企業支援研修
  • 業種別目利き研修
    取引先企業の社長を講師に招き、様々な業界動向を学ぶ研修です。
  • 本業支援コミュニケーション研修
    外部の専門講師を招き、実践的なコミュニケーション力を身に付ける研修です。

INTERVIEW