中小企業及び個人事業主の方々に対する、法人営業がメインとなります。お客さまの抱える経営課題及びニーズ(例:事業承継、事業買収、販路拡大、新規事業参入等)が多岐に渡る事から、それらに応える為にも顧客目線での対応を心がけています。

現場のおもしろさを語る

Q. 現在のお仕事について教えてください。

 私は、東部工場団地支店にて融資渉外業務を担当しており、主に法人・個人事業主のお客さまに向けて渉外活動をしています。具体的には、事業の支援や拡大に繋がる本業支援(取引先のご紹介・マッチング、新規創業の事業計画策定等のアドバイス)を行っています。併せて中堅・中小企業・個人事業主の方々に対する事業資金の融資と個人のお客さま向けの住宅ローン業務も行っています。
 最近では若い経営者による新規創業が数多くあることから、創業の相談にも積極的に対応し、必要な事業資金をご提案しています。

Q. 仕事をする上で心がけていること、
  また担当になって意外だったことや気づきはありましたか?

 銀行員は、信頼関係の構築と様々な知識が求められる仕事です。取引先のニーズは多種多様であり、信頼関係の構築にマニュアルはありません。お客さまの喜びに繋がる事は何か? という事を常日頃から考えながらお客さまとのコミュニケーションを取り、いざという時に力になれる銀行員を目指しています。
 前任店では、主な取引先の業種は、IT企業、不動産業、飲食業でした。現在の東部工場団地支店では、建築業、運送業、倉庫業と前任店の取引先と違った業種のお客さまが多く、様々な業界のお客さまのお話を伺える事に喜びや楽しみを感じています。そして、融資渉外業務の大きな魅力の一つは、取引先と自分自身が共に成長できる事だと感じています。

Q. 仕事をする中で、印象的なエピソードがあれば教えてください。

 担当していたある取引企業のお客さまが、数年前より事業拡大のため倉庫を購入する計画を立てていました。同社の事業拡大には倉庫の購入は必要不可欠と考えられ、設備資金の融資を担当させていただきました。その後、その倉庫では従業員の新規雇用が生まれるなど、私の仕事が地元経済発展に貢献するひとつの成果を導いたと感じた時、この仕事に就いて良かった、お客さま(取引先)の担当になる事が出来て良かったと強く感じました。

Q. 部署の雰囲気や当行の好きなところ・いいと思うところを教えてください。

 東部工場団地支店は、20代の職員が多く活気があります。特に女性職員が明るい職場で、上司や先輩・後輩関係なく、支店目標の早期達成を目指している前向きな職場です。コミュニケーションを深める行事として、若手職員で行う週末の懇親会は最高に楽しいものです。日頃から職員同士の親交が図れているからこそ、チームワークは抜群だと思っています。
 また、当行の良い点は、「どこよりも話しやすい銀行」、「どこよりもスピード感のある対応・行動」で差別化を図っているところにあると思います。宮城県内は、多数の金融機関が競合している金融激戦区ですが、そこでお客さまに選んでいただき勝ち抜く為に、金融サービスをご提供するだけではなく、「人で勝負できる銀行」を目指し、たくさんのお客さまに喜んでいただける、地元に根付いた銀行を目指しています。