SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 営業店レター>
  3. 佐沼支店

仙台銀行は「ふるさと宮城」の復興に向けて、皆さまとともに歩んでまいります。

戻る営業店レター

仙台銀行のある街

宮城県登米市迫町佐沼

登米市迫町佐沼は、宮城県の北東部に位置し、北は岩手県、東は震災による被害が甚大であった南三陸町や気仙沼市に隣接する地域です。

広大で平坦肥沃な耕地を有する登米市は、宮城米のササニシキやひとめぼれの主産地で、仙台牛やブランド豚の飼育地としても知られております。

震災後、当行は、被災した取引先への復興支援を迅速に行えるように地元企業応援部佐沼分室を開設し、タイムリーな情報提供や支援活動を継続して行っております。

また、平成23年5月より営業開始した移動店舗「どこでも窓口」は、当支店を基点に沿岸部被災地(石巻市雄勝地区、南三陸町志津川・歌津地区)を週3回巡回しており、支店と同様の窓口サービスの提供に努めております。

当支店は、震災被害の大きかった沿岸地域と接する支店として、地元宮城の産業振興と被災地復興にこれからも取り組んでまいります。

仙台銀行佐沼支店長 高橋洋明

佐沼支店

住所:〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字八幡3-2-1
電話番号:0220-22-2547

仙台銀行佐沼支店外観

移動店舗「どこでも窓口」

集合写真

写真上)仙台銀行佐沼支店
写真中)移動店舗「どこでも窓口」
写真下)私たちがお待ちしております。
お気軽にお立ち寄りください。


私の街の頑張る会社

株式会社渡辺土建

渡辺土建は、「自然と生き、社会と生き、社業を生かし、日々(いま)を生きる」をモットーに、自然と調和した新たな社会環境を創造しようと取り組む総合土木工事会社です。

震災後は、登米市に限らず各地域の震災復旧工事を多数受注しており、早期復興に向けて活動を行っております。

当社は、創立60周年記念事業として、関連会社の遊休資産を活用した登米市初の太陽光発電(ミドルソーラー)事業に取り組み、平成25年3月に完成、同年5月に売電稼働しました。

発電規模は750Kw(パネル数3,150枚)で、年間78万Kwの発電量を想定しており、これは約200世帯分を充当するものです。

渡辺社長は、地球の温暖化対策に貢献するとともに、今後も自然と共存した地球にやさしい技術開発に取り組み、多様な分野で活動したいと語ります。

株式会社渡辺土建

住所:宮城県登米市迫町佐沼字大網399(本社)
電話番号:0220-22-2660
http://www.w-doken.co.jp/(外部リンク)

登米市初の太陽光発電に取り組みました

登米市初の太陽光発電に取り組みました

登米市初の太陽光発電に取り組みました


千葉忠畜産株式会社

千葉忠畜産は、和牛肥育が盛んな登米市内で仙台牛や黒毛和牛を生産している会社で、贈答品としてのイメージが強い和牛をもっと食卓に親しみやすく提供したいとの思いで、「たんち牛」ブランドとして出荷しております。

「たんち牛」とは、優れた血統を持つ黒毛和牛を同社の牧場で約30ヶ月肥育したA3~A5等級の品質のものと定義しており、純白でほのかに甘みのある脂身と、深くしっかりした味わいの赤身がバランスよく口の中に広がるのが特徴です。

また、「たんち」とは、代表者である千葉社長の幼少からの愛称で、「誰からも親しまれ、みんなを笑顔にする正直な性格」が、まさに会社が目指すお客さまに提供する牛肉の理想と一致したため、名づけられました。

当社は、たんち牛をもっと地元の人にも知っていただこうと、直営で精肉店「肉の千葉忠」と焼肉店「味処しんくら」を運営しており、手頃な値段でたんち牛を食べることができます。

水・飼料・環境にこだわった安全でおいしい「たんち牛」を是非ご賞味ください。インターネットでも購入できます。

千葉忠畜産株式会社

住所:宮城県登米市米山町中津山字東千貫296
http://www.tanchi.jp/(外部リンク)

肉の千葉忠

住所:宮城県登米市南方町原屋敷5-2
電話番号:0220-58-4545

味処しんくら

住所:宮城県登米市南方町原浦37
電話番号:0220-58-4595

わらかい口当たりで、サシの入りが抜群「たんち牛」

環境にこだわり、愛情をもって育てています

写真上)やわらかい口当たりで、
サシの入りが抜群「たんち牛」
写真下)環境にこだわり、
愛情をもって育てています


街の行事

長沼はすまつり

登米市最大の湖沼・長沼は、夏になると、数十万本のはすの花が湖面いっぱいに色鮮やかに咲き誇ります。

大きく青々と茂ったはすの葉の間からピンクと白のはすが覗き、一面はすで埋め尽くされた壮大な光景に誰もが圧巻されます。

毎年8月には、「長沼はすまつり」が開催され、今年は8月1日~8月31日まで開催される予定です。まつり期間中は、湖畔にある兵粮山公園の桟橋から小型遊覧船が運航され、はすの花を間近で見ることができます。

はすの花は、朝に開花し夕方にかけて閉じていくので午前中が見ごろです。

夏の太陽の光に反射され、さらに美しさを増すはすの花を堪能しに、是非長沼はすまつりにお越しください。

  
長沼はすまつり

住所:宮城県登米市迫町北方兵粮23-1(兵粮山公園)

 

鮮やかなピンク色のはすの花が湖面を覆います

鮮やかなピンク色のはすの花が湖面を覆います

鮮やかなピンク色のはすの花が湖面を覆います



レポート:千葉浩明(平成25年6月26日現在)