SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 企業・IR情報>
  3. 会社情報>
  4. コンプライアンス基本方針

戻るコンプライアンス基本方針

仙台銀行におけるコンプライアンスの基本方針と運営体制
「信を万事の本と為す」

1.当行の基本方針

当行は行是を「信を万事の本と為す」と定めており、銀行の社会的責任と公共的使命を遂行するため、社会からの信用と信頼を確保することを企業理念としております。

当行では、この行是の精神を行内に広く浸透・徹底させるとともに、コンプライアンス態勢を充実していくことを、企業活動の最重要課題の一つとして位置づけています。また、この基本方針は、「仙台銀行の企業倫理」及び「私たちの行動規範」として明文化し、役職員の行動指針としています。

当行は、役職員一人ひとりが、あらゆる法令や規程等を遵守するとともに、社会の常識や良識、道徳などに基づく行動を実践し、地域社会からの信頼に広く応えられるよう全力を挙げて取組んでまいります。

コンプライアンス基本方針
    (銀行の公共的使命)
  1. 当行は、銀行の持つ社会的責任や公共的使命の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて揺るぎない信頼の確立を図ります。
  2. (質の高い金融サービスの提供)
  3. 当行は、経済活動を支えるインフラとしての機能はもとより、創意と工夫を活かし、お客さまのニーズに的確に応えるとともに、セキュリティ・レベルの向上や災害時の業務継続確保などお客さまの利益の適切な保護にも十分配慮した質の高い金融サービスの提供を通じて、地域の経済・社会の発展に貢献します。
  4. (法令やルールの厳格な遵守)
  5. 当行は、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範を逸脱することなく、誠実かつ公正な企業活動を遂行します。
  6. (社会とのコミュニケーション)
  7. 当行は、経営等の情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く社会とのコミュニケーションを図ります。
  8. (従業員の人権の尊重等)
  9. 当行は、従業員の人権、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保します。
  10. (環境問題への取組)
  11. 当行は、資源の効率的な利用や廃棄物の削減を実践するとともに、環境保全に寄与する金融サービスを提供するなど、環境問題に積極的に取り組みます。
  12. (社会貢献活動への取組)
  13. 当行は、銀行が社会の中においてこそ存続・発展し得る存在であることを自覚し、社会と共に歩む「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動に取り組みます。
  14. (反社会的勢力との対決)
  15. 当行は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決します。

2.運営体制

当行では、本支店が一体となったコンプライアンス運営体制を以下のように構築・強化し、コンプライアンス態勢の一層の充実に向けて取組んでまいります。

(1)取締役会、監査役、コンプライアンス委員会

  1. 取締役会
    取締役会は、コンプライアンスに関わる基本方針並びに遵守規準等を策定するとともに、コンプライアンスに関する諸問題について議論を行うなど、コンプライアンス態勢の構築にあたります。
  2. 監査役
    監査役は、取締役会に付議されたコンプライアンスに関する議案に対し必要に応じて意見を述べるなど、コンプライアンス態勢を監視いたします。
  3. コンプライアンス委員会
    コンプライアンス委員会は、コンプライアンス態勢を整備し、全行的立場から、当行業務の健全性と適切性を確保するための施策の実施及びその実施状況を監視しております。
  4. 内部管理体制整備分科会
    コンプライアンス委員会の下部組織である内部管理体制整備分科会において、内部管理体制上の問題点の発見・協議・検討を行い、改善策を同委員会へ提言するなどの活動を行います。

(2)コンプライアンス統括部署

  1. リスク統括部コンプライアンス室
    当行におけるコンプライアンスを推進・統括する部署として、リスク統括部にコンプライアンス室を設置しております。
    コンプライアンス統括部署の管理者はリスク統括部長とし、法令等遵守態勢の整備・確立を図るため、内部規程等の策定、態勢の整備・評価・改善活動の実施についての責任を担っております。
    コンプライアンス室は、コンプライアンスを推進・統括する部署として当行全体のコンプライアンスに関する事項を統括し、中立的な、牽制的立場から客観的評価及び教育指導等を行うとともに、各部署と連携し、コンプライアンス態勢の充実・強化にあたっております。
  2. 「コンプライアンス・プログラム」等の策定
    コンプライアンス室では、具体的な手引書として「コンプライアンス・マニュアル」を策定するとともに、実践計画である「コンプライアンス・プログラム」を年度ごとに策定し、取締役会の承認を得て取組みます。

(3) 本部・営業店

  1. コンプライアンス責任者・担当者
    本部各部・営業店毎に、コンプライアンス責任者・担当者を配置し、本支店一体での取組み体制を構築しています。お客さまに接する営業店では、支店長がコンプライアンス責任者として、コンプライアンスの中心的な役割を担っています。
  2. 営業店
    営業店では、「コンプライアンス・プログラム」の基本方針等に基づき、職場研修などの具体的な施策に取り組みます。
    併せて、コンプライアンス室と監査部が営業店へ臨店モニタリングを行い、コンプライアンス態勢の整備状況をチェックします。
  3. 本部
    本部では、所管業務に関わるコンプライアンス事項を統括するとともに、コンプライアンス上の課題への取組みや営業店への教育指導を行います。また、関係各部やコンプライアンス室と連携し、「コンプライアンス・プログラム」の策定に参画するなど、コンプライアンス態勢の充実、強化に取組みます。

仙台銀行では、今後とも、全役職員のコンプライアンスに対する意識を更に浸透させるとともに、実効性のある内部管理体制の確立に向けて取組んでまいります。