SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 法人のお客さま>
  3. インターネットバンキング>
  4. ワンタイムパスワードについて

戻るワンタイムパスワードについて

ワンタイムパスワードとは

  • ワンタイムパスワードとは、60秒毎に更新される使い捨てのパスワードで、利用者は以下2種類のトークンよりワンタイムパスワードを取得し、パソコンに入力することで不正利用の防止を強化することができます。
      ≪トークンの種類≫
    • ハードウェアトークン ⇒専用のワンタイムパスワード生成機
    • ソフトウェアトークン ⇒携帯電話やスマートフォン向けワンタイムパスワード生成アプリ
  • ワンタイムパスワードは、お申込後、最初に一度だけお客さまによる利用開始の設定が必要です。設定が完了すると、トークンにパスワードが表示されますので、パソコンからインターネットバンキングを操作する際に、このパスワードを入力して取引を行ってください。

ワンタイムパスワードご利用のイメージ

ワンタイムパスワードのご利用イメージ

ワンタイムパスワードの入力が必要なお取引

ログイン時の他、以下の取引時にワンタイムパスワードの入力が必要となります。

  • 振込・振替(都度指定方式)
  • 総合振込・給与(賞与)振込の承認、総合振込・給与(賞与)振込先の登録/変更
  • 利用者の登録/変更
  • 税金・各種料金の払込み(税金・国庫金等を除く)

手数料

  • ハードウェアトークンは1契約に対し1個を無料でご提供いたします。事業所単位でインターネットバンキングをご利用されているなど、複数のハードウェアトークンが必要な場合はこちらから追加申込書を印刷のうえ、【記入例】を参考に必要事項をご記入いただきお取引店へご提出ください。尚、追加分のハードウェアトークンについては、1個あたり2,160円(消費税込)の費用が発生します。
  • 現在、ソフトウェアトークンをご利用のお客さまで、ハードウェアトークンへの切替をご希望のお客さまは、所定の「インターネットバンキングサービス利用申込書」に必要事項をご記入いただきお取引店へご提出ください。