SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 地域の皆さまとともに>
  3. 女性活躍推進への取り組み

戻る女性活躍推進への取り組み

仙台銀行では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき次のとおり行動計画を作成しましたので公表します。

株式会社仙台銀行 行動計画

女性の幅広い活躍の場を検討するとともに、女性の意識を向上することでキャリア形成およびワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組み、「人で勝負できる銀行」を目指していくため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当行の課題

  • 課題1:直近の役席以上に占める女性の割合は20.2%と一応である。しかしながら、管理職に占める
    女性割合は、金融業・保険業平均7.2%に対し、当行は5.3%と低位にとどまっている。
  • 課題2:女性職員の育児休業取得率は100%であるが、男性職員の取得実績がゼロである。

3.目標と取り組み内容・実施時期

目標1:役席以上職に占める女性割合を25%以上にする。

取組内容と実施時期

取組1:女性職員を対象として管理職育成を目的とした研修を実施する。
平成28年 4月 スキル判定シートを活用した効果的な研修の策定・実施
平成28年 6月 きらやか銀行と合同の管理職対象のワーキング会議の継続実施
平成28年 10月 女性管理職候補者を対象にした外部セミナー等への派遣
平成28年 10月 併せて女性管理職を講師とした行内研修の実施
平成29年 4月 人事制度の見直し(エリアコースからの管理職登用、専門職の拡大)
取組2:女性職員が少ない担当業務に女性を積極的に配置する。
平成28年 5月 研修プログラムの検討
平成28年 8月 休日を活用したセミナーの開催
平成28年 8月 参加職員へのヒアリング、研修の継続実施の検討
平成28年 1月 職員の希望をヒアリングし、定期的なフォローアップや配属を実施

目標2:育児休業取得率を男女とも100%にする。

取組内容と実施時期

取組1:男性職員の育児休業取得を推奨する。
平成28年 4月 育児休業に係る行内規程の改定
平成28年 4月 各所属長に向けた、ワーク・ライフ・バランスへの取組について全店支店長会議上で総務部より周知
平成28年 8月 男性職員の配偶者が出産した際に、所属長および人事統括課から育児休業取得を推奨する。
取組2:女性職員の育児休業取得に係るフォローアップを充実させる。
平成28年 4月 育児休業者に係る行内規程の改定
平成28年 5月 育児休業者に対して、改定内容を周知し各種通信教育等の斡旋を行う
平成28年 7月 育児休業取得に際しての手引書の作成

以上

~育児と仕事の両立支援について~

女性の活躍を応援するため各種制度やサポート体制を整えています。
仕事と育児を両立して活躍できる職場環境作りと自己啓発への支援をとおして、女性職員が能力を発揮できる企業風土を目指しています。

主な取り組み

  • 育児休業者フォローアップセミナー
    育児休業者を対象に、先輩職員の復帰体験談や保健師によるリフレッシュ講座、銀行からの情報提供等、育児休業取得後に安心して職場へ復帰できるようなセミナーを開催しています。
  • 自己啓発支援
    育児休業中に積極的にスキルアップを目指す職員を応援するため、受講した通信講座を修了した際には受講料を全額補助いたします。
  • 復帰前面談
    育児休業終了後のライフプランを聞きながら、不安なく職場に復帰するための面談を行います。
  • 育児休業者との連絡ツールの確立による情報共有
    育児休業者と当行担当者の連絡ツールを確立し、休業者間の交流を図りながら悩みや情報を共有しています。
  • 職場復帰前研修
    希望者には、職場復帰前に端末研修等を行うことで現場の感覚を取り戻し、円滑な復帰の支援をします。

育児休業者フォローアップセミナー

育児休業者フォローアップセミナー