SP版に戻る
  1. ホーム>
  2. 東日本大震災から10年>
  3. もっと知りたい!美味しい宮城

戻るもっと知りたい!美味しい宮城

 宮城県内の各地方公共団体等が運営する「食材・食品、地域産品のWebサイト」についてご紹介しています。震災から10年の今だからこそ「知りたい」、「知ってほしい」、そんな宮城の魅力が満載です。
 商品の購入は、復興の一助にもなります。私たちと一緒に、宮城の魅力を再発見しながら、復興を応援していきましょう。
 ※本ページではSendai Big Advanceパートナーである地方公共団体に関する情報を掲載しております。

宮城県

<コメント>
 県内各地で丹精込めて育てられた自慢の食材や、巧みな加工技術から創り出される加工品をご紹介しております。食材王国みやぎの魅力をぜひ味わってください。


仙台市

<コメント>
 仙台市では、地域産品のブランディングや販路開拓を目的に、地域ブランド「都の杜・仙台」を 2019年5月に立ち上げました。
 仙台にゆかりがあり、仙台をさらに魅力的な都市にしたいと考える事業者が参画しております。2020年11月にECサイトを開設しましたので、ぜひ、ご購入いただき「都の杜・仙台」の魅力にふれてみてください。


塩竈市

<コメント>
 塩竈市の基幹産業である水産加工品などを多数掲載しています。「三陸塩竈」の海の味覚をぜひ味わってみてください。


名取市

<コメント>
 名取市には、日本一と称される『閖上赤貝』、発祥地である『笹かまぼこ』、新たな特産品『北限のしらす』、根っこまで食べられる郷土料理『せり鍋』の他、甘さ絶妙『三色最中』や地元工場生産の『ヱビスビール』などおいしいものが溢れています。ぜひ、ご賞味ください。


亘理町

<コメント>
 亘理町の特産品やグルメのお取り寄せはもちろん、旬のお土産の下調べにもご利用ください。


女川町

<コメント>
 女川駅を降りると、目の前に広がるコバルトブルーの女川湾。
 潮風に誘われるがまま、レンガみちをまっすぐ海へ歩きましょう。両隣には魅力あふれる商業施設「シーパルピア女川」と海をコンセプトにした「地元市場ハマテラス」、その周囲にも多彩な飲食店が並んで観光客を出迎えます。太陽の光をふんだんに浴びながら、特等席の眺望テラスでほお張るのは女川自慢の海産物。香ばしい香りが辺りを包み、洒落た外観と絶妙にマッチして、気分は高揚。遠く響くウミネコの鳴き声と船の汽笛に魅せられ、ゆったりと時間が流れます。
 さあ、あなたも新しい女川の“魅力・味力”を体感しませんか?


南三陸町

<コメント>
 南三陸町は青い海と緑の山々が織りなすコントラストが鮮やかな里海里山の町です。
 天然記念物「コクガン」が越冬する志津川湾は、長年にわたり取組んできた研究成果などが高く評価され2018年10月「ラムサール条約湿地」に登録されました。
 世界に認められた環境で育つ銀ザケやホタテ、カキ、ワカメ、ホヤは先祖から脈々と受け継いできた生業の誇りです。地域の優れた逸品をぜひお試しください。


(2021年3月現在)